バイナルグラフィックの魅力

バイナルグラフィックの歴史

バイナルグラフィックの基本的な貼り方

バイナルグラフィックの基本的な貼り方 バイナルグラフィックの基本的な貼り方は車の表面からドアの巻き込み部分などをゴミとワックスごと拭き取ってゴミに邪魔されずに貼り付けることです。
特に貼る前から終了までゴミには細心の注意が必要とされます。道具としてはワックスがよく落ちる石鹸や貼る最中にも使用する霧吹き型の洗浄剤(水に台所洗剤数滴でも可能です)バイナルグラフィックを軽くその後凸凹が内容しっかり貼り付けるための張り込み用のヘラであるスキージーかそれに近い道具を使って作業をします。
また霧吹きの場合は貼り込みの際の位置を修正がしやすくなる特徴もあります。道具こそ単純ですが水泡や気泡が出ないようスキージーを駆使しなければなりません。
そのためバイナルグラフィックはサイズなどが大掛かりなものになる程水泡や気泡への処理の規模やゴミの注意点が増えるので難易度が上がります。
サイズが大きいならば作業人数は2〜3人はいないとやりこなすことが難しいとされます。

バイナルグラフィックの失敗しやすい貼り方

バイナルグラフィックの失敗しやすい貼り方 バイナルグラフィックは自分の車を簡単にドレスアップできる非常に便利なシートがあったステッカーですが、その張り方については注意しなければいけないポイントがいくつかあります。
1つは貼り付けるボディー面をしっかりと洗い、油分を取り去っておくことが大切です。
ステッカーになっているため、油が付着しているとその部分がボディーに密着せず、走行中に剥がれやすくなってしまう危険があるためです。
また、多くの人がいっぺんに裏面の剥離紙をはがし、一気に貼り付けようとすることが多いものですが、これは最も失敗しやすい貼り方です。
バイナルグラフィックのシートはボディーの凹凸になじみやすいよう非常に柔らかくできているので、いっぺんに剥離紙を話してしまうと糊同士がくっついてしまったり、歪みが発生してしまうことが多いのです。
そのため貼り付ける部分をしっかりと決め、貼付けながら少しずつ剥離紙を剥がしていく方法が最も良いものです。
また曲がりや歪みをなくすために、ボディーにあらかじめマスキングテープなどで基準となる線を作り、これに沿って少しずつ貼り付けていくことが美しく仕上げる秘訣です。