バイナルグラフィックの魅力

バイナルグラフィックの歴史

バイナルグラフィック施工にかかる料金相場

バイナルグラフィック施工にかかる料金相場 バイナルグラフィックとは、大きな専門のフィルムを車のボディに貼り付けるというものですが、フィルムは無地のものから印刷したものまであり、特にバイナルグラフィックと呼ばれるものは印刷されたものです。
メリットとしては、フィルムを貼ることでボディを保護するといったものや塗装をせずにボディの色を変更するといったことができるほか簡単にパソコンなどで作った図柄を印刷することができるので、簡単にボディに文字やイラストを付けることができます。
バイナルグラフィックの料金相場としては、貼り付けるボディの面積によって変わってきますし、貼り付けを完全に任せるかどうかでも変わってきます。
完全施工してもらう場合にはボンネット程度の面積であれば3万円から6万円前後です。
カッティングしたフィルムだけであれば、1万5千円程度で購入することができます。
ボディ全般をバイナルグラフィックでラッピングする場合には25万円から60万円程度は必要です。

バイナルグラフィックが似合う車種

バイナルグラフィックが似合う車種 バイナルグラフィックとはビニールシートによる装飾で、自動車のペイントの他、建物の看板や建造物等にも使用されます。
いわゆる「炎のゆらめき」をモチーフにしたようなデザインは疾走感をイメージするため、2ドアや3ドアをはじめとする、いわゆる「スポーツカー」に使用されることが多いです。
この場合、車高の高いミニバン等は車高を下げるなどしてスポーティーな演出を加えたりします。
一方、バイナルグラフィックによってアニメのキャラクター(いわゆる「痛車」)を描く場合、4ドアセダンやミニバンはドアの部分(サイドスペース)にペイントする場所が多いというメリットを活かし、キャラクターの全体像を描く等のケースがあります。
これに対してスポーツカー、あるいはコンパクトカーといった車種の場合、サイドスペースにキャラクターを描くスペースが少ないために顔や上半身のみが描かれることが多いです。
なお、スポーツカーの場合、ボンネットの部分が長いため、その部分に全体像が描かれるといったケースも多く見られます。